なぜ黒ずみが治らないのか?

ワキの黒ずみが治らない3つの原因

ワキの黒ずみが治らない原因とは何かご存知でしょうか。

 

まず原因として挙げられるのが肌の再生能力が低下です。

 

摩擦などにより肌が黒ずんだとしても、肌の再生能力が高ければいつまでも黒ずんではいないからです。

 

ではどういった場合に肌の再生能力が低下してしまうのでしょうか。

 

肌の再生能力が低下するのはまず大きく分けて3つの原因が考えられます。

 

肌へのダメージ

 

1つ目の原因は「ムダ毛の自己処理によって肌がダメージを受けたこと」です。

ワキの黒ずみが治らない3つの原因

 

夏場はどうしても薄着になりますのでムダ毛処理は欠かすことができません。自己処理を行う場合カミソリで剃るか、毛抜きで抜く、脱毛剤を使うという方がほとんどではないでしょうか。しかしこれらの自己処理はどうしても肌にダメージを与えることになります。

 

そしてそれがターンオーバーの乱れを招いて角質層が排出されずにどんどん厚くなってメラニンが蓄積されてしまうのです。こうして肌が黒ずんでしまうという訳です。

 

制汗剤の多様

 

ワキの黒ずみが治らない3つの原因

2つ目の原因は「制汗剤の多用」です。

 

夏場はどうしても汗や臭いが気になり制汗剤をたくさん使ってしまう傾向にあります。しかし、制汗剤の成分には複合体の重金属が使用されている場合があり、その様な制汗剤を使い続けることで肌の抵抗力が落ちてしまいます。

 

 

摩擦・蒸れ

 

3つ目の原因は衣服や下着による「摩擦と蒸れ」です。

 

衣類や下着の摩擦や汗による蒸れ、雑菌の繁殖が起こると知らず知らずのうちに肌はダメージを受けてしまいます。そしてターンオーバーの乱れが起こって古くなった角質が排出されずどんどんメラニンが溜まりやすくなってしまうのです。

 

また角質層が厚くなることで毛穴のブツブツが目立つこともあります。

 

ワキの黒ずみおすすめ化粧品

ワキの黒ずみにおすすめの化粧品をご紹介します。

 

まず、このサイトでご紹介しているピューレパールです。

 

もうひとつピューレパールに勝るとも劣らないのが薬用アットベリージェルです。

 

ピックアップパールも薬用アットベリージェルも医薬部外品。そうです。薬用です。

 

なので普通の化粧品よりも効果が期待できるわけです。

 

ワキの黒ずみに悩んでいるなら、ワキ専用につくられた医薬部外品でケアしましょう。

<< Q&A │ ピューレパール │ >>